中小企業支援部は、成長を目指す中小企業経営者に寄り添って、経営の視点から様々な課題に対して現実的な解を導き出し、泥臭く成果につなげるまで責任をもって行う活動をしています。
このコンセプトやITC-Pro東京の理念に共感して一緒にプロフェッショナルなサービスを顧客に提供していける方を集めて、質・範囲ともに広めていくために日々努力しています。
質を高めるためにインターン制度を積極的に活用し、一人一人の実力と経験を付けていくと同時に、組織として品質を確保するように取り組んでいます。
範囲を広げるために、現在は下記のチームを作っていますがこれを増やしていき、時代に即した分野をカバーできるようにしていきます。

 

事業変革・データ経営 チーム

  • 事業を成長させたい、(そのために)新しい事業を立ち上げたい、そのための仕掛けを作っていきたいという業務推進(改革)系の経営課題について、各専門家と中小企業経営者を揃え、総合的に対応します。

 事業変革・データ経営チームの詳細内容はこちら。

 

IoT 中小企業経営者ネットワーク チーム

  • IoT を活用して、中小企業が新製品や新サービスを開発したり、今までの延長上にはない新ビジネスを創造するためのサポートをしていきます。

 IoT 中小企業経営者ネットワークチームの詳細内容はこちら。

 

スマートものづくり チーム

  • 製造工程における生産性の向上や製品・サービス品質の向上、高齢化に対応した技術・技能の伝承など、経営課題の抽出から解決支援まで総合的な支援を提供しています。

 スマートものづくりチームの詳細内容はこちら。

 

施工業・エリアマーケティング チーム

  • 施工業(建設業)における工事管理および原価管理のための業務改善・システム導入を行います。
    また、直のユーザに自社の存在をアピールする「エリアマーケティング」を行うことにより、お客様から直接受注する元請け比率を増加させる支援をします。

 施工業・エリアマーケティングチームの詳細内容はこちら。

 

FileMaker チーム

  • 中小企業がIT活用を進めていく際には、自社の競争力や強みを最大限に生かした、かつスピーディーなシステム構築をしたいものです。また、初めから仕様や要件を固めるのは困難であり、システム及び業務的なアドバイスを受けながら自社にとっての最適なシステムを考え、かつ着実にシステムに実装するまで一貫して行いたいものです。
    そんな際に FileMakerプラットフォームを使ってシステム構築を行うのは、価格感や変更の柔軟性から特に中小企業に適した方法です。
    システム稼働後の機能追加やメンテナンスにも柔軟に対応できます。それゆえ社内の要員でもある程度対応できるようになります。そういうところも、変化の速い現在の経営環境に適したシステム構築方法だといえます。

 FileMakerチームの詳細内容はこちら。

 

活EXCEL・RPA自動化 チーム

  • 今あるExcelデータをもっと有効活用しよう!
    ほとんどの企業で使われているEXCEL操作・応用を勉強したい、もっと活用したい中小企業向けへの相談支援(アドバイス)およびEXCELを有効活用した簡易業務システム構築(導入)を行います。

 活EXCELチームの詳細内容はこちら。

 

クラウドコネクテッド チーム

  • 高価なパッケージや高度なスクラッチ開発を行わなくともクラウド関連ツールをつなげることでシステムを作ることができます。中小企業にとっては、このような製品の組み合わせでIT活用を考えるのも便利に使えてよいかもしれません。主にkintone、office365、Evernote などのデファクトスタンダードのクラウドツールを主に対応します。さらに他製品も含めた「クラウドコネクテッドソリューションメニュ-」およびそれに関する上流の「コネクテッドコンサルティングメニュー」をご提供します。

 クラウドコネクテッドチームの詳細内容はこちら。

 

インフラ チーム

  • 中小企業様のITに関するお悩みをトータル的に解決するために、社内のネットワーク環境始めセキュリティ対応、拠点間・モバイルなどを活用した外部からの情報活用を行うための支援をしています。

 インフラチームの詳細内容はこちら。

 

Webマーケティング チーム

  • 中小企業にとって新規顧客獲得や売上向上にWEBサイトの活用は有効です。
    中小企業ではWEBサイトを保有しているが、運用がきちんと行われておらず、集客や売り上げに貢献できていない企業も多く見受けられます。そういった機会損失はもったいないので、WEBサイトを活用した売上向上、集客の支援を行います。
    また小規模事業者では、WEBサイトを保有していない企業も多いので売上向上、新規顧客獲得を目的としたWEBサイトの立ち上げ支援を行います。

 Webマーケティングチームの詳細内容はこちら。

 

360° 広報 チーム

  • 2016年はVR元年としてゲーム業界、エンタメ業界を中心に盛り上がってきているVR(仮想現実)の技術、中でも360°映像作成(360°VR映像・VRツアーやGoogleストリートビュー屋内版等)を基本としながらWEBでの広報・集客・マーケティングに活かす支援をします。

 360° 広報チームの詳細内容はこちら。

 

中杉IT応援隊(東京中小企業家同友会 中野・杉並支部分科会)の活動について
《facebookグループは随時参加募集中》

中杉IT応援隊は、東京中小企業家同友会の中野支部と杉並支部の合同分科会として発足し、2017年1月から毎月1回の例会を開催しています。
内容的には、広くIT関連に対する一般的な知識や困っていそうなことについての話題を取り上げて、何となくITに浸っていくというゆるい会です。
毎回、話題提供のためにそれぞれの専門家からお話を1時間弱聞き、後半は質疑応答などで各人の疑問やお困りごと相談的な感じで進めています。
もともと、この中杉IT応援隊を始めようと思ったきっかけは、
① ITは必要だと思っても、分野が広いしなかなか何が良いのかわからない。
② ベンダーに相談すると自社の製品・サービスを売り込まれる。
③ 支部の例会は基本的に経営の勉強をするためのものであるが、支部横断的に悩み事相談的なものがあってもよい。
というようなニーズにも対応したいと思ったからです。

12回やってきてよかったと思う点は、毎回お会いしたことのない方が数名来てくれて知り合える方の範囲が広がったこと、来ていただいた人の中から同友会に入会してくれた人も出てきていることなどがあります。

参加している企業の中には、ITに目覚めて自社の組織的な業務遂行を推進している企業や、自社のシステムを少し汎用化して同業者等に外販・メンテするIT事業を新しく始めた企業や、ベストオブ例会にもなった杉並支部の例会に出席して自分たちも地域密着のエリアマーケティングを始めた企業などがあり、そういった活動もサポートしていきたいと思っています。

毎回参加された経営者様や社員の方から出たITに関する要望を元にテーマを決めています。
支部間を超えて活動しています。皆さまからのリクエストお待ちしています。
今まで各回には以下のようなテーマを取り上げました。

   《これまでの活動履歴》

  • 第12回(12/5)レイアウトの専門家が教えるプレゼン資料の作り方
  • 第11回(11/6)実例で考える中小企業の安全な情報活用の考え方(勘所)~社内にあるどの情報を、誰から、どこで守るか~
  • 第10回(10/3)「EXCELをもっと活用しよう」
  • 第9回(9/5)クラウド会計ソフトの「freee」や「マネーフォワード」等の使い勝手や機能比較
  • 第8回(8/1) 創業についての体験や感想
  • 第7回(7/11) 中小企業のセキュリティ対策
  • 第6回(6/6) 杉並商店街のIT活用
  • 第5回(5/9) 「プリザンター」の活用について
  • 第4回(4/11) kintone (キントーン)の活用について
  • 第3回(3/14) IT導入補助金セミナー例会(市ヶ谷)
  • 第2回(2/7) IT導入補助金」のセミナー企画
  • 第1回(1/7) 同友会杉並ブログ支援・IT導入補助金情報