「ITC-Pro東京」とは、東京地区において中小企業の経営課題の相談から IT活用による成果の実現までワンストップで支援できる、ITコーディネータを核とした各分野の専門家ネットワークです。

組織概要

名称一般社団法人ITC-Pro東京
所在地東京都渋谷区元代々木町22-11
電話番号03-6873-8163
役員阿部 満(代表理事)、谷 巌(理事)、用松 節子(理事)、大久保 達弥(監事)
法人設立平成29年8月1日
会員数88名(2017年10月22日現在)

ミッション

  1. 中小企業の経営課題を経営者に寄り添った支援を通じて、経営の視点から解決します。
  2. 金融機関や行政などからの支援要請に幅広くこたえ、地域の産業振興にも貢献します。
  3. 他の中小企業支援者とも連携し、中小企業によりよい成果が出せるようにします。
  4. プロフェッショナルとして通用する ITCを養成します。
  5. 中小企業経営者にIT経営を啓もうします。そのための事例紹介や成果を出すための要員の学習などの機会を提供します。

設立の背景

現在の時代背景、中小企業を取り巻く環境、中小企業のIT活用の実態として以下のような現実があり、それを解決するための組織として設立しました。

今後、中小企業は生産性を高めなければ事業を継続できない状況になっている。 (日本生産性本部の2016年12月の発表によれば、日本の一人当たりの労働生産性は、米国の6割程度で、ここ20年、差は広がっている。OECD35カ国中22位、先進7カ国中最下位)

  • 生産性の低い要因の一つが、ITの活用が十分でないことにある。
  • IT技術が発展し、中小企業にも使いやすい状況になってきた。また、国の政策としても中小企業のIT活用に力を入れてきている。
  • ITをただ導入しても効果が出ていなかったり、かえって手間が今までよりも増えたりしている例も少なからずある。
  • 中小企業の生産性を高めるためには、効果的なIT導入だけでなく、各々の企業に合わせた業務改善や組織的業務遂行の基盤を作ることが必要である。
  • そのような事業戦略の実現を支援するために、プロフェッショナル性をもったITC等が活躍することが求められている。

支援姿勢

「ITC-Pro東京」の支援は、以下の姿勢で行います。

  • 成長を目指す中小企業経営者に寄り添い、現実的な対応を行う。
  • まずは、直面している課題を解決することを優先して行う。
  • 日々進歩するIT技術の活用に精通し、今とこれからにとって最善の方策を取る。
  • ITを導入して終わりではなく、業務改善や組織的な業務遂行をできるようになるまで責任をもって行う。
  • 理論を述べる先生ではなく、それぞれの企業の状況に合わせて内容にまで踏み込んで支援を行う。アドバイスして終わりではなく、成果を上げるまで一貫して行う。
  • プロフェショナルとしてのパフォーマンスとクオリティを確保できるように組織的対応を行う。

また、ミッションを達成するために組織として以下の機能を持ちます。

  1.  レビュー機能:   成果を保証していくための品質レビュー機能
  2.  窓口機能:   金融機関や行政からの受け皿となるための窓口機能
  3.  連携機能:   他の専門家とのネットワークを築くための連携機能
  4.  インターン機能:   経験の浅いITCを育てていくためのインターン機能