ITCケース研修

「ITC-Pro東京」とは、東京地区において中小企業の経営課題の相談からIT活用による成果の実現までワンストップで支援できる、ITコーディネータを核とした各分野の専門家ネットワークです。
当組織でケース研修を受講いただいた後は連携してご活動したいと思ってます。是非、ご参加お待ちしております。

2017年度第2期ITコーディネータケース研修開催案内

ITC-Pro東京が開催するケース研修でITコーディネータ資格を取得するメリット

  1. ケース研修内で、短時間で試験に合格できるポイントを絞ったITコーディネータ資格試験の対策支援(簡易的)を行います。
    ※別途、さらに勉強したい方は『ITコーディネータ試験 受験対策講座』もご用意しております。
  2. 専門分野で活躍しているITC-Pro東京の先輩ITコーディネータをお招きします。彼らに実際(生)の現場の支援ノウハウを聞くことができます。
  3. PDU42ポイントが取得可能です。当コース受講者は申請手数料が不要です。(PDU&CDU取得可能)

中小企業支援のプロ集団が、経営者視点で提案できるITコーディネータを育成します。

中小企業支援に参入するには、中小企業の現場を熟知した上で新規顧客開拓できる営業力と、経営とITの両方が話せ、言われたことをやるだけではなく、企業の真の(潜在的な)ニーズを引き出し、企画・提案できる能力が必要です。

ITC-Pro東京のケース研修では、実際に中小企業の支援を行っているプロフェッショナルな講師陣と会員の先輩方から、経営者視点で企業の課題を解決するための成功例と方法論を学べます。

メイン講師の阿部は、元ゼロックスのトップセールスマンであり数々の新規開拓・営業系の講師も務めています。
参考)【フォローアップ研修】 中小企業ビジネス支援研修コース b1. 「ITコーディネータ営業活動プロセス」https://www.itc.or.jp/foritc/seminar/b1_2.html

ITC-Pro東京を通じて、ITコーディネータ資格を最大限にビジネスに活かせます。

第四次産業革命はじめ、日本政府(国策)としての中小企業のIT活用推進が図られています。
それに伴い、IT(システム)活用で生産性向上に絡む補助金・助成金も増加しており、経営とITの両方を知るITコーディネータの存在が重要視されています。

いまこの時期に、ITコーディネータ資格を取得することで、ITCとしてのビジネスが広がります。
ケース研修後、ITコーディネータ協会とも強い連携を持つ「ITC-Pro東京」の組織に関わることによって、ITCを通じた人脈・ビジネスチャネルが広がります。


写真)ITC-Pro東京設立発表会より

参考) ITコーディネータ協会のホームページでITC-Pro東京、代表の阿部が紹介されています。
https://www.itc.or.jp/aim/

IoT/AI 等最新の技術を取り入れた独自(アレンジ)カリキュラムを設けています。

新たな市場開拓のために、IoT/AI、クラウドなどの最新技術・サービスの活用方法を理解し、実践できる人材が求められています。

ITC-Pro東京のケース研修では、ITコーディネータの基礎となる支援フレームワークに加え、その企業ケースに最新技術・サービスを取込んだ場合の独自カリキュラムを用意し、より実践的なコンサルタントの育成を行います。

参考)IoT新時代におけるITコーディネータのエボリューション(時代のイノベーションをリードしていく人財として期待される「ITコーディネータ」)
https://www.itc.or.jp/authorize/

 

ケース研修メリット

ケース研修の前にご不安へのご相談、ケース研修の内容、試験対策ポイント、ITC取得後の活動など個別にご面談いたします。事前にご相談ください。
→ 個別面談ご希望の方はお問合せフォームからお申し込みください。

募集要項

ケース研修のお申込みは終了いたしました。

 

会場案内

〒101-0041 
東京都千代田区神田須田町2-2-2 神田須田町ビル 9F(ビリーブロード株式会社)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
 

ケース研修の前にご不安へのご相談、ケース研修の内容、試験対策ポイント、ITC取得後の活動など個別にご面談いたします。事前にご相談ください。
→ 個別面談ご希望の方はお問合せフォームからお申し込みください。
※以下の ITコーディネータ試験 受験対策講座も実施しております。

ITコーディネータ試験 受験対策講座

ITコーディネータ試験受験の前に合格するための試験全体概要、参考教材、学習方法、合格の秘訣、模擬試験を実施します。
→ 受講ご希望の方はお問合せフォームからお申し込みください。

●対象者
1.ITコーディネータを目指す方で試験に一回で合格したい方
2.時間が無く勉強を効率よく対応したい方
3.ITコーディネータ試験合格に不安を抱える方

●内容
1.ITC試験全体概要(プロセスガイドラインVer3.0試験対象範囲の紹介)
2.参考教材(試験対策に活用できる各種教材等の紹介)
4.学習方法(効率的に受験するための勉強法の紹介)
4.受験当日(受験当日の過ごし方と準備)
5.合格の秘訣(試験対策虎の巻の紹介)
6.模擬試験(実際の試験問題仮テスト実施)と振り返り

●受講料
10,000円(税別)

●日程
10月14日(土)、10月28日(土)、11月11日(土)、12月2日(土)

●場所
東京都千代田区二番町9-3 THEBASE麹町(ブリッジソリューションズ株式会社会議室)
→ 会場はこちらとなります。※ケース研修会場とは異なりますのでご注意ください。

ケース研修のお申込み方法

ケース研修のお申込みは終了いたしました。

講師紹介

一般社団法人ITC-Pro東京主催ケース研修講師陣の紹介です。
当研修講師陣は多岐に渡る専門知識に加えITコーディネータのプロとして中小企業へのITコンサルティングの実務経験が豊富です。講師専門ではなくプロのITコーディネータだからこそ臨場感を持って分かりやすくしかもケース研修受講後も連携が可能です。

阿部 満

阿部 満■主な経歴
富士ゼロックスIT関連企業にて、日本最大のネットワーク・セキュリティー業界のマーケティング関連に従事。個人およびパートナー支援で販売実績が認められ数々の賞を受賞。その後、京セラ関連IT企業にて、事業開発部長、経営企画部長、コンサルティング部長に従事。ITコーディネータ協会職員を経て40歳で現社を創業。創業以降、中小企業の皆さまへのアドバイストータル1000社以上、IT導入支援100社(その内で経済産業省中小企業IT経営力大賞支援実績7社、優秀賞2社)、各政府系、商工三団体など全国で講演、書籍出版インタビュー等取材事例多数の実績と成功へと導く活動を行う。著書、ITコーディネータ協会認定教材「IT経営実践の知識」「IT経営可視化戦略」などコラム等を含め執筆多数。

新木 啓弘

新木 啓弘■主な経歴
ITベンダーで約10年勤務し、パケット交換網から  LAN/WANのネッワークインフラの設計、構築、ならびに情報セキュリティコンサルタントとして、情報セキュリティ規程の策定や情報セキュリティマネジメントシステムの構築支援の経験を持つ。中小企業のビジネス競争力を高める支援をしたいという思いから、ITベンダーを退職し、2009年に個人事業者として独立。経営相談や情報セキュリティマネジメントシステムの構築支援、事業継続計画立案支援などを手掛けている。また、中小企業診断士、ターンアラウンドマネージャー資格を取得し、事業承継や事業再生案件などにも着手している。

用松 節子

用松 節子■主な経歴
大手コンピュータメーカ系会社にてシステムエンジニアとして従事。ITコーディネータ資格取得後独立し、中堅・中小企業を中心に情報化を絡めた業務改善のための業務分析、To‐Be策定、実現化計画、新業務導入など経営とITのコンサルティングを行っている。
現場と人に目を向けた企業体質の強化・業務の整備と、それを支えるIT活用を経営者とともに考え、推進支援することを得意とする。最近では中小企業の業務システム構築のプラットホームとしてFileMaker(ファイルメーカー)を推進し活動している。趣味はプロレス観戦。
支援事例:従業員4名の会社が、なぜ顧客データベースを持つのか
【連載】成長を目指す中小企業経営者のためのFileMaker活用術