一般社団法人ITC-Pro東京「ビジネス会員」のご紹介です。企業支援に関するいろいろな専門分野を持った人材が連携し、組織的に対応いたします。
※2018年現在、全体会員は94名ですが、その中でもビジネス会員(31名)が、ITC-Pro東京としての実支援対応者として活動しています。

詳細は、ITC-Pro東京とは 「組織概要」を参照ください。

一般社団法人ITC-Pro東京  ビジネス会員紹介

代表理事 阿部 満(あべ みつる)

富士ゼロックスIT関連企業にて、日本最大のネットワーク・セキュリティー業界のマーケティング関連に従事。京セラ関連IT企業にて、事業開発部長、経営企画部長、コンサルティング部長に従事。ITコーディネータ協会職員を経て40歳創業。以降、中小企業の皆さまへのアドバイストータル1000社以上、IT導入支援100社、各政府系、商工三団体など全国で講演。ブリッジソリューションズ株式会社・代表取締役。
著書、ITコーディネータ協会認定教材「IT経営実践の知識」「IT経営可視化戦略」などコラム等を含め執筆多数。

副代表理事 谷 巌(たに いわお)

NEC、デロイト・トーマツ・コンサルティングを経て、2006年に株式会社ITC総合研究所を設立、代表取締役。東京中小企業家同友会で、中杉IT応援隊を主催。ITコーディネータとして中小企業の経営者に寄り添い、ITと経営の両面からの支援を個別企業の特性に合わせて行う姿勢で取り組んでいる。RFPの作成、組織的な業務遂行の仕組みづくり、最近は、FileMaker活用による支援も行っている。

理事(事務局長) 用松 節子(もちまつ せつこ)

11年のSE経験とITコーディネータ資格を活かし、中堅・中小企業を中心に情報化を絡めた業務改善のための業務分析、To-Be策定、実現化計画、新業務導入など経営とITのコンサルティングを行っている。現場と人に目を向けた企業体質の強化・業務の整備と、それを支えるIT活用を経営者と共に考え、推進支援することを得意とする。趣味はプロレス観戦。

理事(RFP支援推進) 並木 政之(なみき まさゆき)

経済産業省推進資格ITコーディネータ/中小企業診断士(東京協会城南支部所属)/ITコンサルタントとしてシステム企画構想・要件定義を専門領域とする。SEの能力開発としてロジカルシンキング・ファシリテーション研修も行う。
元メーカーの生産管理担当なので製造業に明るい。鎌倉市在住。

理事(AI・IoT・RPA推進) 井上 研一(いのうえ けんいち)

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。ITコーディネータ井上研一事務所代表、IoT・AI・RPAのソリューションメーカー株式会社ビビンコ代表取締役、Tech Garden School講師。北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」(リックテレコム刊)、「ワトソンで体感する人工知能」(リックテレコム刊)など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

理事(ネットワーク連携推進) 東野 康宣(あずの やすのり)

総合電機メーカーや外資系半導体メーカーで、主に生産管理システム導入プロジェクトに従事。
2002年に独立系ソフトハウスに転職し、システム構築の要件定義及び、PM、PMOや各種プロジェクト支援を行う。2017年7月にIT経営コンサルタントとして、株式会社Smilebitsを立上げ、IT導入支援や情報セキュリティ講師などで活動中。

新木 啓弘(しんき よしひろ)

経済産業省推進資格ITコーディネータ/中小企業診断士(東京協会城北支部所属)。株式会社インフォクリエマネジメント代表取締役。中小企業のビジネス競争力を高めることができるよう、経営者とともに『みんなが楽しく元気よく』を創造していきたいという想いで活動している。事業計画策定、人材育成をはじめ、情報セキュリティコンサルタントとして多数の実績を有している。

菅 信嘉(すが のぶよし)

外資系コンサルティング会社にてIT企画・システム開発方法論、分析技法の講師、システム全体最適化に向けた活動計画の策定、分析、計画書の策定作業に従事。その後、大手データベースメーカにて、ERP導入方法論の講師、ERP導入に向けた技術支援コンサルティング、関連書籍出版の経験を持つ。2014年に有志とプロジェクト管理支援会社を設立し、システム企画・開発プロジェクトの管理支援コンサルティングサービスを行うとともに、運用技術者向けのシステム提案研修、新人研修講師なども手掛けている。また、発想力関連のトレーニング等を通して、イノベーション創出支援事業も展開している。

桒原篤史桒原 篤史(くわばら あつし)

印刷・サイン業界で約15年勤務後、2009年に個人事業主として独立しWeb制作事務所を開設。2013年にITコーディネータ認定取得後は、Webコンサルタントとして主に中小企業のWeb戦略立案からサイト構築、運用支援まで一貫して手掛けている。上級ウェブ解析士の資格を取得し、Webマーケティングの支援も多く手がけている。支援先事業所は200社を超える。その他、金融機関、商工団体の専門家としてIT関連の導入支援、セミナー・研修講師などを行っている。アイバーグ代表、中小企業WEB活用支援プロジェクト(WEB活)認定コンサルタント。

高橋 道也(たかはし みちや)

国内製薬企業 MRを11年、国内医療情報システムベンダー営業を8年経験の後、2005年 マイクロソフト日本法人 初代シニア医療業界マネージャー、2011年 オラクルコーポレーション 日本アジア太平洋地域 医療ソリューション・日本担当ディレクターを歴任。現在は2015年より所属するコニカミノルタ(株)ヘルスケア事業本部の公式な兼業・複業承認の下、2018年1月より ヘルスケアサービス事業者向け情報マネジメントコンサルティングサービス事業 ブリッジャーズ・コンサルティングオフィス を立上げ展開中。ITコーディネータ/経営品質協議会 認定 セルフアセッサー(JQAC)/ISO/IEC27001 ISMS審査員補(JRCA)/医療情報技師(日本医療情報学会)/医療経営管理学 Postgraduate Diploma, UK

中畑 慎博(なかはた ちかひろ)

原価の道場 代表。中小企業診断士。経営革新等支援機関。事業再生アドバイザー。
上場企業にてグループ会社60社の業務改善、情報システム活用に従事。大企業の視点と中小企業の現場の両方を熟知している。
2015年、原価の道場を独立開業。得意分野:事業再生、事業承継、経営改善、業務システム活用、エリアマーケティング(GIS、行政データ活用)

吉田 敦(よしだ あつし)

ITコーディネータ/ウェブ 解析士/Google認定フォトグラファー
通信会社にて長年に渡り電話交換機保守、法人営業、営業企画職を経て、2005年独立。「回線を使う」から「活用」へとの思いから企業や店舗のホームページ企画・制作業務を始める。Wordpress(ワードプレス)の導入、運用支援は10年以上。現在、360°VRツアー、Googleストリートビューの製作者としても活動中。2015年からミラサポ派遣専門家として中小企業・小規模企業事業者のWEB活用、ITを活用した経営改善の指導に奔走。実際に成果を上げたノウハウ、具体的で専門用語を極力使わない分かりやすい内容に定評。(他、千葉県産業振興センター専門家、西武信金専門家、千葉県商工会連合会専門家)

佐藤 雅英(さとう まさひで)

大手情報サービス会社、SIerにて約17年間、公共・医療・流通分野の業務アプリケーションの開発、導入、サポートに携わる。その後、フリーランスSEを経て経営コンサルティング会社に勤務し、中堅・中小企業へIT利活用型の経営課題解決支援を行い、企業再生、売上拡大、他社連携、業務効率化等に貢献する。
2007年、IT経営コンサルタントとして独立(個人事業主)し、大手・中堅・中小企業の他、自治体、医療機関へのIT導入支援に携わる。2015年にITコンサルティング会社を設立し、現在は主に省庁・自治体における情報セキュリティマネジメント支援、医療機関におけるシステム運用管理支援を行っている。

山之内 謙太郎 (やまのうち けんたろう)

経済産業省推進資格ITコーディネータ/中小企業診断士。ロジスト株式会社代表取締役。
中堅コンサルティング会社やアビームコンサルティングにて人事システムの導入コンサルティングに従事。大手企業10社以上の人事システムの構築やシェアードサービス事業の立ち上げの実績あり。現在は大手企業向けのERP導入だけでなく、中小企業向けにWEB集客やITを活用した生産性向上支援にも積極的に取り組んでいる。

内田 貴美子(うちだ きみこ)

汎用機を使ってのプログラミングと実務を経験。その後、営業事務5年を含め、様々な職種を経験した後、IT業界復帰。システム開発全般を担当しつつ、ITコーディネータ資格を取得。その後、小規模企業・ベンチャー企業の支援と同時にシステム開発も行っている。「現場をよく理解した業務支援を行う」と「本当に顧客企業のためになることを考える」がモットー。

小菅 康浩(こすげ やすひろ)

ネットマーケティング企業にて、情報システム管理室室長として社内システム運用管理・情報セキュリティマネジメントを行う。その後、某上場IT企業にてネットワークエンジニアを行いながら、中小企業向け新規事業企画を担当。地元で中小企業のために自由な発想で事業を行いたいと思い、ITコーディネータとして独立開業。起業家・中小企業のIT・WEB活用支援(Web集客コンサルティング・セミナー講師・ホームページ制作・チラシ制作・ネット広告運用・システムサポート)を行う。中小企業支援機関(商工会議所・商工会等)と連携した、公的専門家。支援実績は、100件以上。その他、宅地建物取引士として不動産業にも精通。神奈川県藤沢市出身。

浅井 治(あさい おさむ)

IT一筋、40年。メーカ系ソフトウェア開発会社、大手通信事業者の情報システム部門での豊富な経験と知識を活かし、大学の非常勤講師や、企業研修の講師を務める。教育研修を通じて培った、「気づきの場」、「学びの場」を創造するための場創りのノウハウの知識体系として「場BOK」を編纂。
場には、役割と目的があります。
場では、気づきと学びを得ることができます。
場は、人と情報の交差点です。
場は、成長や実験の機会です。
場は、夢を叶える練習の舞台です。
「類は友を呼ぶ」とも申します。居心地の良い場所には、志を持った人々とと情報が集まり、
夢を育み花開く。そんな場で作りたい。このような「場」のコンセプトの基、「場」のプロデューサーとして、各種の研修や講演活動を通じ、「場」の普及、実践活動を行っている。また、最近は、新しい学びの場としての可能性を秘めたTV会議システムと「場」の概念の融合に取り組んでいる。

田本 秀行(たもと ひでゆき)

組込系システムエンジニアに従事しながら、経営コンサルタントとして2018年開業。
ITコーディネータ/中小企業診断士/経営革新等認定支援機関。
IoT活用による経営改善支援を得意としています。

渡邉 具也 (わたなべ ともや)

プラント制御系エンジニアリング会社にエンジニアとして11年間勤務。制御データ収集・活用ソフトウェアのテクニカルサポートとして長らく従事し、多数の障害を円滑に解決に導く。社内では業務改善に取組み、多様な改善実績を残した。
社内活動の実践経験とプロセス、自分が実感した成果を中小企業に転用し企業活動をサポートしたいと考え、2012年に個人事業主として独立開業。2018年に法人化。
「情報化」「IT利活用」「データ活用」からなる、中小企業の「経営の見える化」「現場業務の効率化」「コストダウン」の問題解決を支援することを軸として事業を展開している。

高山 京子 (たかやま きょうこ)

大学ベンチャーで教育会社設立に携わり、総務・企画・経理、研修運営等を経験。出向先にてショッピングサイトの立ち上げ・ 運営管理を担当。 独立し、中小企業のWeb構築、システム画面デザインや販促ツールデザイン、事務サポート等を行っている。2015年にITC資格取得。2017年に生まれた息子の子育てにも奮闘中。ホスピタリティと迅速な対応をモットーに、中小企業をサポートします。